忍者ブログ
再生不良性貧血の闘病記ですが、 軽症のためのほほんと生活中。 しかし最近、咳喘息と言われてたりするので そっちが話の中心になりがち。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2005年5月末の金曜日、
会社帰りに病院へ行きました。紹介状を持って。

そこはそこそこ大きな病院。
総合病院っていうの?
大学病院ほどではないけど、いろんな科がある病院でした。

総合受付で紹介状を提出すると、
問診表のようなものを書かされました。
自覚症状はあるか?とか、
もしガンだとわかったらあなたは告知されたいですか?とか。

手続き後、内科の受付で問診表を提出し、また待ちました。

その間へトイレへ。
やっぱり針が刺さるわけですから。
痛さでもしものことがあったらいけませんもの。

戻ってきて少ししたら呼ばれました。
尿検査しますと、紙コップを渡されて。

さ、搾取…
と思いつつも何とか採って戻ると、次は採血。

結果も聞くため、
採決の結果が出るまでの40分をひたすら待ちました。

[ 余談 ]
問診表のようなものを書いている時のこと、

もしガンだとわかったらあなたは告知されたいですか?
というようなニュアンスの設問に、軽くハイに丸をつけた後、
少し前に見たドラマの話を思い出しました。

健康診断で引っかかって、病院へ行ったら末期だったっていう…

いや、いやいや。単なる貧血やってー。やーねー、ドラマドラマ。
と思ったものの、
なんでそんなことを今、思い出すのよ!って状態でした。

まるで深夜にお風呂に入っているときに、
後ろに誰かいたらどうしよう…。と思ってしまった時のようです。


でも、これで何か重篤な病気の兆候やった場合、
告知されたいかなぁ、どうかなぁ。と待ち時間に考えました。
暇つぶしがてら。
ちょっと真剣に。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
クリック募金
プロフィール
名前:
瑞菜
年齢:
34 歳
カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
その他リンク
ブログランキング・にほんブログ村



人気ブログランキング

ranQ

ブロ電™切符

忍者アド
バーコード
MicroAd
Copyright © 再生不良性貧血だそうですよ。 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]